【PC】見えてきたWindows7

本田雅一の「週刊モバイル通信」
b0002644_20563923.gif


いよいよPDCにてWindows7の概要が出てきた様だ。
何はともあれ、リンク先のPC Watchの記事を読んでいただきたい。





そもそもWindwos7がこれ程までに騒がれているのには理由があると思う。
今まで新しいOSが発表されると、機能がよくなることはあっても、同じマシンで早くなるなどと
名言されたことはないと思う。
今回もまだ完全な製品になっているわけではないので、今言うべきことではないかもしれないけど、明らかにそれが目標になっているということは興味深い。

“Vistaで動作するすべてソフトウェアは、7上でより高いパフォーマンスを発揮する”、“Vistaで利用するよりも、7を使う方がノートPCのバッテリ持続時間が長くなる”といった、OSの基礎部分での改良がもたらす“約束”をMicrosoftは公言している。



そして、何よりVISTAまでは64にすべきか32にすべきかという”迷い”があったように思う。
だからじゃないかもしれないけど、少ないメモリを有効に使おうといったアプローチがなかったのではないかなと思う。(必要なら64bitにしてメモリを積んでくださいといった意味で)
今回は3GBでできることをしようといったメモリの使い方が改善されるようだ。

起動時間に関しては、VISTAはここも酷かった。ようはHDDにフラッシュメモリのようなものを付け、そのスピードにたよったような節があり、ソフト的なアプローチはあったにせよそれほど成功していたとは思えない。

サスペンド/レジュームは、かかる時間が気にならない程度に短時間で実行されるし、USBメモリを挿入するとデバイスドライバの新規組み込みを合わせても、ものの2秒ほどでドライブが認識された。アプリケーションの起動、各種ファイル操作など、あらゆるオペレーションがサクサクと動く。メモリ消費量も現時点で起動直後に1GBほどを消費しているが、最適化が進むうちに少なくなるだろう。

 多数のアプリケーションを動かしても動作が重くなりにくく、メモリの消費量もあまり多くない。そしてすべてのアプリケーションを閉じれば、ほぼ元通りにメモリが解放されているように見える。



グラフィックのことについて語っていることからすると、GPGPU的なアプローチがあるのかもしれない。もうVISTAのせいで今のPCのグラフィックレベルは10年前に比べると格段にあがっているので、気にしないで使っていけるということなのかもだが。


インターフェースに関する変更は細かいことが多いみたいだが、正直VISTAを触ってみて、これ程使いづらくすることもないだろうと思っていた所が改善されるようでなによりだ。
そもそもユーザーに触らせない、いじらせないといった感じがかなりあったが、そういったものは改善されるようだ。
新しいサービスやliveなんちゃら~については出てみないとわからないと思う。
MAC的な操作や扱いを素直に取り入れたのはいいことだと思うし、かなりいろんな意味で片の力が抜けたいい意味でよいOSになりそうなきがしますね。

でも...
仕事ならわかりますが、私用でいまからVISTAをまず導入はないと思いますよww
だってタダじゃないんだからね
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/9778600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by トーム at 2008-10-29 22:01 x
さぐがに時代が小型PCを求めてるってのは判ってしまったんだねw
さようならビセタン・・・
Commented by dot3pso at 2008-10-30 00:36
ビセタンてキャラいるんだw
ドーン、キュドーンなわけ?ww無駄にデカイとww
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2008-10-29 21:17 | PC | Trackback | Comments(2)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31