【PC】メモリ換装&オーバークロック レイテンシ変更編

まずはブラックドラゴンを動かしてみた。
b0002644_015383.jpg

☆☆スペック☆☆
CPU:MD Athlon64 5600+(TDP89W品)
M/B:K9N Neo-F(nForce550)
Memory:PC6400 DDR2 2GB(黒竜5-5-5-15)
VGA:Leadtek GeForce 8600GTS 256MB
HDD:320GB(Western Digital製 7200rpm 8MB)
DVD:DVDスーパーマルチ(Plextor製 PX-751A)
電源:530W Topower製(TAO-530MPVR)
OS:WindowsXP Home SP2





光るLEDはこんな感じ。
b0002644_046118.jpg



さて、このメモリで早速オーバークロック。
そこで、AMDをオーバークロックする場合のポイントを少々。

1.まずHTのクロックを下げておく。
HT(ハイパートランスポート)は設定できる周波数(私の場合1GHz)を超えると不安定になります。
ここをグングン上げても意味がないため、まず周波数を落としておく。(私の場合800MHzに)

2.メモリの設定を正しくする。
ここは殆どAUTOでいいですが、レイテンシ等が早いメモリを買ってきた場合は正しく設定します。SPDという自動で吸い上げる規格がありますが、規格以上に設定する場合やうまく認識しない場合はマニュアル設定しかないです。>BIOS設定ね。
また、オーバークロックを成功させるにはメモリの電圧を上げないとうまくいかないようです。
その場合、壊れることがあるので、注意しましょう。どんなに高級なメモリでも2.0Vより高くするのはキケンのようです。

3.普通はFSBを上げていく。チューンソフトもいいが、基本はBIOSで。
BIOSにてFSBを上げてWindowsを起動し、ベンチなどで様子を見る。起動できないとか再起動する、ブルースクリーンが出る等はナニカで限界になってます。

4.過負荷テストでCPU温度を監視し、温度に問題がないか確認する。またSP2004で動作確認すれば、かなりの安定度を短時間で確認できる。(と思う)

以上です。ちょっと難しいので、わからない人はやめときましょう。何もいじらないでチューンソフト等で上げていくのがベストかもです。ただし、どんな方法でも絶対安全とかはないです。
オーバークロックは自己責任でおこないましょう。



で、結果。
このメモリは5-5-5-15とごく普通のレイテンシでした。
FSB:213MHz CPU:2982MHz で起動がおかしくなり、失敗し始めました。
メモリ電圧を変更してレイテンシもちょっといじってみましたが、うまくいかなかったです。



そこで、交換保証を使ってw
b0002644_0591642.jpg

☆☆スペック☆☆
CPU:MD Athlon64 5600+(TDP89W品)
M/B:K9N Neo-F(nForce550)
Memory:PC6400 DDR2 2GB(CFD販売4-4-4-12-2T)
VGA:Leadtek GeForce 8600GTS 256MB
HDD:320GB(Western Digital製 7200rpm 8MB)
DVD:DVDスーパーマルチ(Plextor製 PX-751A)
電源:530W Topower製(TAO-530MPVR)
OS:WindowsXP Home SP2


CPUファンもこれに合わせて一度外し、スペースを確保しました。
b0002644_0594915.jpg

めちゃあたってますが、気にしなーいww



このメモリはレイテンシがOC用となってまして、4-4-4-12-2T 2.0V です。
メモリを刺して起動してみましたが、正しく認識してないようです。
そこで、BIOSをいじってみました。
1)レイテンシ
 ①M/B:K9N Neo-FのBIOSで、”Advanced Chipset Features"
 ②”Memory Configration"
 ③"Memclock Mode"で400MHz固定(しないと落ちる場合があります)
 ④"MCT Timing Mode"を下記のように。というかマニュアル設定でこのように勝手になりました。
b0002644_184354.jpg

2)電圧
 ①"Cell_Menu"
 ②"Adjust DDR Voltage"で"2.00"を選択。(1.9くらいでもいけるかも)
b0002644_1105947.jpg

3)FSB変更
上記図の"Adjust CPU FSB"を上げていくことでオーバークロックできます。



結果。
FSB:214MHz CPU:2996MHz おしい! 3GHzならず!!
b0002644_1212919.jpg

b0002644_1214654.jpg

実は、この結果は安定動作した上限なのですが、どうやらCPUの温度がダメだったようです。
というのも、219MHz CPU:3066MHzまでベンチマークも動きました。SP2004で100%負荷状態を完走できたのが214MHzということになります。
今回は、MSIのオーバークロック機能D.O.Tを使って、自動的に負荷に応じてオーバークロックする設定としました。7%でちょうど214MHzとなります。
b0002644_1161443.jpg


今度はCPUファンを換装すれば3GHzオーバーが目指せるってことになりますかねー。
実はこのメモリは噂では1066MHz(メモリクロック533MHz)まで上げられるという噂なので、まだまだ余裕あるってことですね。
CPUの方は残念ながら220MHzで起動できなかったので、この辺がAthlon64X2 5600+の限界だったようです。
いずれにしても次のM/B買った時でもこのメモリは使えそうですね~♪



さて、ベンチマークをやってみたよ!
今回はCPU周りということで、次の3つをやてみました。
1)FFべんち これ基本
2)銀河英雄伝説べんち 最新でしかもCPU負荷率が高い!
3)3DMark06 主にCPUテスト
4)スーパーπ 104万桁

1)FF
2.8GHz時 7645 → 2.99GHz時 8248
なかなかですなー。8000オーバーしました。でもCore2Duo8番台の1万オーバーには...

2)銀河英雄伝説
2.8GHz時 3301 → 2.99GHz時 ↓
b0002644_1262025.jpg

オンラインも快適に動作までいきました。でも全モードで快適には....

3)3DMark06
2.8GHz時 5586 → 2.99GHz時 5767 CPU:2323
前回CPUスコアを計ってなかったのでよくわからないですが、あまし変わってないですね。

4)スーパーπ 104万桁
前回はわからなくなりました。今回は28秒でした。

と微妙な結果にw
でもネトゲはやはりCPU負荷がたかーいので、FFや銀河英雄伝説のようなゲームでは効果ありってことですね。モンハンベンチは殆ど変わらなかったですけどねーw
ちなみに、FSB:219MHzの時の銀河英雄伝説は...
b0002644_1304242.jpg

それでも全モードで快適にはならん。と。
だったらこのままでいいかなあー。


評価に使ったソフトは
1)午後べんち10分コース
2)SP2004 10分コース確認用

使い方やダウンロードなどは以前の記事を参考ください。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/9582568
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by . at 2009-04-25 22:52 x
交換保証なんだと思ってんだよカス
Commented by dot3pso at 2009-04-26 02:53
いやいいんですよ。
性能でなければ問題なく交換に応じると、説明書に書いてありましたしね。
買うときにも店員に説明されて買ってますから。
まあそのあとツクモは......

潰れない程度にやらないとだめなんでしょうけどね。

それより人のブログにコメント残す時は最低限のマナーを守りましょう。
今度からはこんな書き方は承認しません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2008-09-28 01:38 | PC | Trackback | Comments(2)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30