【PC】「Nehalem(ネハーレン)」世代を予測する

後藤弘茂のWeekly海外ニュース
b0002644_961851.gif






ネハーレンはIntelの次世代CPU群の開発コードネームですが、これが色々多岐に渡って
大幅な変化があるようです。
発売は2009年になってますね。
と、以前もお伝えしてきましたが、ここでまとめと今後の予測を一つ。

ネハーレンによって変わるもの。
☆チップセット構成が変わる
 ・ノースブリッジがなくなる
 ・メモリコントローラー、グラフィックインタフェースがCPUに統合
 ・CPUソケットが変わる(上の図でもLGA1366,LGA1160と2種類あるようだ)
 ・グラフィックI/FはGen2がネイティブ
 ・パフォーマンスモデルではメモリトリプルアクセス
☆最初はダイに全部のっけるだけだが、次々世代ではダイ1つに統合
☆CPUとチップセットが同じ世代(まずは45mmルール) 
☆32mmルールから先は投資が必要で値上げは必須
☆AMDも同様に統合化へ進む

予測。
・最初の世代はゴタゴタすると予測。互換性など問題多発か。
・メモリやグラフィックは推奨品がでてきて、どれもみんな同じ構成になる可能性高い。
・全体のスピードはやはり4G程度が限界のはずなので、数で勝負はつづくかな。
・3種類の構成がでてくるのは、旧世代が一気になくなる可能性高いと思われる。OEMなどで
 一気に普及しそうだ。
・かなり落ち着く再来年あたりを買い換え時期にするのがいいかもw 
・今買うならグラフィックはできればGen2対応(8800GT以降、3850以降)がいいかも。
・今買うCPUはそれなりにいいと思うので、2~3年をスパンに切り換えを想定し、買うのがいいかもw
・いずれにせよOSの対応(メモリ4G超え)が急務だな。

コスト優先ということもあって、実際発売されればメーカー製でかなり事足りるかもですね。
(メーカー製なら拡張や互換性も関係ないか。と。)                 
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/7969820
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2008-01-23 09:23 | PC | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31