【PC】CPU新技術”ターボ” EDAT

後藤弘茂のWeekly海外ニュース

次の技術らしいけど、Penrynで有効にするらしいから今年の冬・春モデルには実装か?

ターボモードとは、PC WATCHによれば、
  マルチコア環境において、シングルスレッド実行時に一つのCPUがC3ステイト(動作停止)に
  なった時、活動しているCPUのクロックをあげる(1bin)というもの。

現状では片方だけC3ステイトで片方が100%負荷という使い方がちょっと難しいけど、実際ゲームなんかの中ではあるかもですね。
しかも、これはモバイル向けの話なので、電力を細かく制御するのはいいかなって思います。

さらに、
  CPUはマルチコアをどんどん押し進めている中、この技術はディアルコアに限らず、マル
  チコアで有効。将来クロックを1binにとどまらずさらにブーストするらしい。さらに将来の
  ネハーレン(来年のディスクトップCPU)にもこの技術は波及するとのこと。

このほかにもCPU内部の回路ブロック毎に電圧をレギュレートするCMOSレギュレーターを作り、ダイに統合するなんてすごい話もでています。
いずれにせよ無駄・無理は省いてほしいですね。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/7835784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2007-12-18 12:42 | PC | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30