【ゲーム全般】オンライン忘年会 2006オンラインゲーム(後編)

えー前回の続きです。
PSOはもうないのかよっ!!
とツッコミがあったのでこれも記載することに(^-^;




PSOBB
<ゲーム紹介>
いわずと知れた国産オンラインゲームの老舗&大手SEGA(開発当時はソニックチーム)が作った
オンラインゲームのPC版。BBとはブルーバーストの略とは意外と知られていない事実w
このゲームは完全なMOで、ゲームにログインするとロビーに送られます。その後部屋と呼ばれる
ところを選んでそこに入るか自分で部屋を作ります。部屋がPTになります。確認はしたことないで
すが、部屋主が鯖となって他のユーザーが鯖のユーザーにログインする形になります。
ゲーム自体はアクション性の高いRPGで、職業によって装備できる武器やテクニック(魔法)が
限定されており、難易度の高いミッション(クエスト)にはPT組むのが必須でした。
PSOBBの売りはエピソード4というBBオリジナルストーリーでした。PSOシリーズは大変ストーリー
がしっかりしていて一つのエンディングに向かって進みます。誰がやっても同じエンディング
なんです。その一本道を難易度を分け、ノーマル、ハード、ベリハード、アルティメットと4周周回
することになります。(そこまでやらなくてもいいんだけどね)
とにかくゲームストーリ、出てくる武器やアイテム、職業別の区分けなどどれをとっても非常に
よくできており、PTの組み方やプレイヤーの技量によって難易度が全く変わるという特性があり
ました。また、キャラクタメイキングも大変凝っているのも特徴かなあ。

<そしてこれから>
このゲームはわたしのオンラインの原点でもあり(前にもやってたけど)、今のこの環境を作り
だした原型でもあります。エピソード2までは大変面白かったんですが、肝心のエピソード4が
有料(別途クライアント有料)だったこともあり、やればやるほどムカついてしまうというバランス
でした。一度ケチがつくとあっという間に悪い評判ばかりで(^^;
このゲームでは銃のスペシャリストのレンジャーをやっていたのですが、このゲームの中に登場
する3種の神器といわれる武器を自力で発掘するのが目標でした。それも集まってしまって、
目標も失い、仲間も減ってしまったのでやめてしまいました。
やり過ぎると逆に悪い印象が強くなってしまうのでいい塩梅だったと思います。


ECO
<ゲーム紹介>
ガンホーとブロッコリとヘッドロック三社にて始めたこれまた純国産MMORPGです。
ゲームシステムは普通のMMORPGで、特に変わったところはないですね。
特徴はとにかく出てくるキャラクタが人間、魔物含めてとにかくかわいいことですか(^^;
また、衣装や日用品など戦闘にはまったく無関係のアイテムが充実しているのも特徴です。
PSOBBがゲーム性に力を入れた傑作だとすると、こちらはゲームの中で生活することに力を
入れたゲームともいえます。
とはいえ、通常のMMOの通り、クエストやって生産して戦闘するというやること自体は至って
普通です。
このゲーム、今だシステムが固定しないゲームで、よく言うと柔軟、悪く言うとバランス変わりすぎ
なゲームです。とにかくユーザーの意見をよく聞き、よくないと思ったことはキッパリ変更しますw
また、結構チマチマしたグラフィックであるにもかかわらずポリゴンの出来がすばらしく、それで
いて結構軽い優れたインタフェースであると思います。これはたぶん最初に作ったところが
がんばったのでしょうね。良くできています。

<そしてこれから>
このゲームは実は一度引退しています。飛天onlineを始めた時、両方は不可能だったので
引退しました。でもイベントとか気になるんですよねー。で、月一でインしてたのですが、(それ
って引退?ww)飛天onlineから遠ざかるようになって、気が付いたら昔の仲間が戻っていた
ので復活し、あまつさえリングまで結成してしまいました。まあ、一度こなくなった人が戻ってくる
確立が高いゲームだと思います。メインにするには物足りないところがありますが、きっと息長く
続ける気がします。



飛天online
<ゲーム紹介>
飛天onlineは出会いを重んじたちょっと変わったゲームでした。キャラメイクするときに生まれ
の干支とか日にちを入力するのですが、その日にちによって、宿愛(運命の異性)、宿親(相性
のいい人)、宿敵(切磋琢磨するライバル)が決定します。ゲーム内でその運命の人(プレイヤー)
に出会うとドキドキするわ、赤い糸はつながるわでもう話しかけないとすまない雰囲気になるんですw
ワタシはクローズドベーターから始めたのですが、開始30分で運命の人に出会い、声を掛けられ
すっかり意気投合しましたさ。(ゲーム内では女性を演じていましたから、お相手は男性ですw)
そこからあっという間にお友達ができまくりですww
今ネット上でお友達として付き合いのできた人たちもこのゲームをきっかけとする人が多いです。
あ、ゲームの紹介でしたww
ゲームはオーソドックスなMMORPGで、生産は本格的な生産活動でした。韓国ではパッケージ
ゲームが元ということもあり、ストーリーも凝っていてゲームシステムも良くできていました。
職業ごとにレベルがあって、いつでも職業を変更できる特徴があります。
PTも先ほどのシステムもあいまって結構組むことができました。わたしは踊り子という職業を
していましたが、踊り子は範囲攻撃のできる職業ということもあり、結構誘われましたよ(^^
敵をかき集めたり一網打尽にするのに向いている(PT向き)職業だったのですね。
まあ、今考えても大変面白かったし、やってよかったと思うゲームの一つです。

<そしてこれから>
飛天は問題がありました。有料アイテム販売を促すため装備品の耐久値がひたすら減りまくる
のです。ひどいときは2~3時間で使い物にならなくなりました。そのため、生産をするわけです
が、ログインしていないと生産できないため、放置や同時起動とかになっちゃうのです。
それが疲れてしまう原因の一つです。
また、デスペナルティがきつく、一度死ぬとわたしの場合20%くらい経験値減ってしまうのです
(100%でレベルアップ)。しかもレベルダウンはしないものの、0%を切るとマイナスとかになって
しまうのですよ!!これはもうなんだか一気にやる気なくなりました。
このゲームで知り合った人たちとの会話は大変楽しかったのですが、忙しくなってしまった今は
ちょっとできないですね。とにかくまったりできないゲームでした。


まとめ
2006年は今までやってきたPSOBBから離れた年でしたし、また本格的にMMOを始めた年で
したねえ。また、PSOBB以外でお友達ができたもの新鮮でしたし、すっかりドールというキャラ
も出来上がった年でもあります。
結局PSOほどハマったゲームはなかったわけですが、基本無料が当たり前になったとか、色々
なゲームが出てきたとか、オンラインゲーム業界でも大変激しい一年だったのではないでしょうか。
最近は前ほどオンラインゲームができなくなっており、ライト系か既にある程度レベルがいっている
ゲームじゃないと厳しくなってきてますね。
でもそれだとお友達できないんだよなあ~。オンラインゲームはやっぱ人ですからねえ。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/6153053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mushroomcurry at 2006-12-07 02:01
基本無料のアイテム課金方式が増えてきましたよね。
とりあえず始めるにはいいし、プチ引退するにもいいんでしょうね^^
これからもアイテム課金方式が増えていくんだろうなぁ。
PSOのように月々課金方式は自分のログイン率が下がった時に"引退"を考えてしまうシステムであるには違いないですね^^;
Commented by viceboseg at 2006-12-07 18:02
自分はMMOはUO、MOはDiabloとPSOがほぼ全てです。
あとは忘れました。PSUどうだろう、記憶に残るゲームになるかな。
Commented by dot3pso at 2006-12-07 19:22
来年はいよいよ全て無料とか出てくる可能性あります。(コマーシャル付き)
まあお金はどうであれ面白いものじゃないと長続きしませんね(^^;
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2006-12-06 21:26 | ゲーム全般 | Trackback | Comments(3)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30