【PC】Radeon X1000シリーズ発表! てかベンチマークかよ 早っ!

Radeon X1000シリーズのパフォーマンス速報
b0002644_2413547.jpg

7800で浮かれていたら(いや買えないけど)、900も通り越してX1000シリーズが発表されました。
てか、4GAMER.NETでは既にベンチマークやってます(早っ!

シリーズと見て、おや?と思われた方、正解ですw
な、なんとハイエンドから量産タイプまで全ラインナップです。
内訳は

ハイエンド    :Radeon X1800シリーズ(開発コードネームR520)
メインストリーム:Radeon X1600シリーズ(開発コードネームRV530)
バリュー     :Radeon X1300シリーズ(開発コードネームRV515)

だそうで、一気に3種類ですよ。

こうなると、何が違うのか気になるところでありますよね。引き続き4GAMERのこの記事を読むと
内容がわかるようになっているのですが、これまたムズい。一度読んだだけでは私では理解不能ですよ。トホホ

ざっくりまとめてみると、(いやほんとざっくり)
1)シェーダモデル3.0対応(ただしVertex Texture Fetching未対応)
2)Radeon X1000シリーズの基本的なパイプライン構造はRadeon X800シリーズと変わらない。
3)1スレッド(4×4ピクセルのテクスチャ)をマルチスレッドで処理(X1800で512倍)
4)テクスチャアクセスのレイテンシ隠蔽(遅いRAMアクセス時、GPUに計算を最適化して処理させる)
5)ピクセルシェーダの動的分岐の投機実行(いわゆるPentiumで実装した分岐先予測処理かな?)
6)適応型アンチエイリアシング(MSAAとSSAAを勝手にGPUが効果的に切り替え)

さて、難しいですね(^^;
これを見ると、新しいアイディアはほとんどなくやっと7800に追いついてきたといった感じに見えます。
しかし、5の分岐予測処理や6の適応型アンチエイリアシングはnVIDIAにはない機能ですし、地味だけど、確実にゲームにて役に立つでしょうね。

やっぱ正攻法のnVIDIA、実用最優先のATIといった感じですよね。
どちらにせよ、ベンチマークを見るとものすごいことだけはわかりますw
あとグラボ自体みると、消費電力引くそうですねー。

えっと、ネトゲやってるみなさんはこれほどのグラフィック性能いりませんよ~。
ネトゲはトータルバランスですからねー。全体が早くないと意味ないですよ。はい。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/3579618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by viceboseg at 2005-10-06 08:59
ざっくりまとめてもらっても理解不能です。(゚∀。)
なのでx700で発注しちゃってますが無問題です。
Commented by dot3pso at 2005-10-06 12:02
モバイルは直ぐには出ないでしょうし、ATIは歩留りの関係でX700ですら
潤滑に流れてないですから(^^;
それに今回のベンチ見ても、例えばX1600がX700より早いかどうかなんて
アヤシイもんです。はい。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2005-10-06 03:22 | PC | Trackback | Comments(2)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31