【イラスト】LAST DRAGOONのアウローラ・リリィさん        -2017.04.01-

できました!!
アウローラ・リリィさんですよー。
b0002644_10334427.jpg

すごく・・・おおきいです・・・はいつもの所で

Pixiv
TINAMI
ニコニコ静画
Otaclip
Tumblr

今回はR18があります。
Pixiv R18(18未満の方はご遠慮ください)





今回の作品はですね、新しい技法を使ってみました。それは・・・



ですです。
順番に説明していきまーす!


【1】線画
線画までは同じ要領で描いていきます。前に記事にしたので前の記事をみてくださいね。

【2】白黒の階調作成
次に影だけを色の区別なく描いていくのですが、自分は、
 ・人(肌)の部分はいつものように1レイヤーに重ね塗りしたあとに洋服の落ち影とか赤みの部分を描いて最後に合成
 ・髪の毛は一筆毎にレイアーを分けて、消しゴムで丁寧に消しながら3段くらいの階調で作成。最後に合成
 ・洋服はほぼ人(肌)と同じ要領です。(今回はR18用があるため、洋服と人を分けました)
といった感じで、できたのは下のような感じに。
b0002644_10550167.jpg

冠と宝石と目は自信がなかったので、ここはいつもの塗りです。


【3】色をのせていく作業

①肌
肌はかなりオレンジ色を”ハードライト”合成モードで色を載せています。
色の調整レイヤーを作った関係で(肌色だけに適用したい)、フォルダー作ってその中に肌色レイヤーと調整レイヤー入れて、フォルダーごとハードライトに設定しています。色の調整をしやすくしたかったのですよ。
b0002644_10591396.jpg


②髪の毛
髪の毛は銀髪ということで、紫に近い青を薄く塗り、基本の”オーバーレイ”モードで合成しています。
顔周りの肌の透け感(今回あまり出てない)は別レイアーで描いてます。こちらもオーバーレイです。
b0002644_10594375.jpg


③洋服
洋服は髪の毛に近いブルーと、濃紺と、金色部分を別々のレイアーで描いて、最後に合成し、”リニアライト”モードで合成しています。このリニアライトというのはオーバーレイよりコントラストが上がる感じになります。なので、最初イメージした色で塗って合成すると、ポカーン的な感じなのですが、要するにあまりコントラストをあげない色でなんとなくぼけぼけした色同士で塗ると、今回のようなバシーンといい感じになります。このあたりは実際合成してみて色を調整するのがベターですね。
b0002644_11003401.jpg


④背景
背景は正に色が付いてくれるだけでいいので、”カラー”モードで狙った色をのせてみました。
ただ、やはり手前のくらいシーンと入り口付近の明るいイメージはコントラスト的に無理だったので、それぞれ黒と白を上からのせてます。
b0002644_11001368.jpg


⑤環境カラーと服のスケ感追加
環境カラーというのは、周りの色を合成モードでのせることで、浮いた感じを押さえ、その場にいる雰囲気を作り出す手法で、これをあとからやれば、どんなライティングの場面でも、いつもの使い慣れたパレットで塗ったあと、逆光だろうがくらいシーンだろうが作り出すことができます。
また、今回のように洋服をキャストオフした状態で塗りを進めている場合は、人のシルエットだけに上の環境カラーを当てることにより、服にはそのカラーがかからないので、透けたような効果を出すことができます。これは偶然見つけた手法なんですけどね。(自分オリジナルです)

で、人のシルエットを選択ツールなど使ってべた塗りです。今回は青い雰囲気なので青で。
b0002644_11012127.jpg

で、これを元の作品の一番上のレイアーに移動し、今回はソフトライトで合成したあと、不透明度を70%にしたものが今回の作品って訳です。上の途中のと比較するとわかると思います。特に左足の透け感とスカート上の影感。
b0002644_11022443.jpg


以上で今回の作品が完成です!
いつもだと、このあと、さらに斜がかかったような効果を出す手法をやるんですが、今回は違和感あったので、これで完成です。まあ今回のグリザイユ手法ですが、レイアー数を押さえられるということだったのに、いつもと同じくらいw
それと、今回は人と洋服を分けてしまったのであまり利点は感じられなかったんですが、同時に1枚にかけば、色の違いを分ける必要なく、光と影で塗り込んでいけるのでそれはいいかと思います。
ただ、個人的には大変面白く、筆のスピードがいつもより早かったのでヨカッタかなと。影はひたすら影だけを追求できるし、カラーは色の感じとかを調整するの楽しかった。また、影のコントラストをあとから変更できるのもいいですね。
出来上がってみると、教えてくれたサイト様の作品よりかなり白黒感が押さえられて、いい感じに色が付けられたかなとも思います。はい。

トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/26758084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2017-04-01 11:26 | イラスト | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30