【アニメーション】君の名は。             -2016.09.25-

b0002644_15175198.jpg

見てきましたヨ。
本当は公開初日に行こうと思ってたんだけど、色々あってここまで伸びちゃった。

結果は面白かった~
三葉ちゃんかわいかった~
山行きたくなったー。




ここを最初から見てる人は私が新海誠監督をかなり押してるのはご存じかと思います。
親子連れやカップルに混じって、一人で見てきましたヨ。
10時半で午後の部まで埋まってました。普段はガラガラなのにww

今回の作品を一言で言うなら、今までの新海誠作品の回収話。いろんなモヤモヤをこれでスッキリ!!
てな感じでした。
全体的に、あーここは星のこえみたい、ここはサクラの落ちる・・みたい、ここは星を追う子供みたい・・・
的な構成になっておりまして、ファンならたまらなく面白い内容となっています。
かといって、まったく知らない人が楽しめないかというとそんなことはなく。
とにかく今まで一番新海節が薄かったのではないかと思います。
内容がわかっちゃうことは書きたくないので、そこを避けつつ感想をば。


■脚本
今までで一番いいストーリーだったのではないでしょうか。
アニメっぽくなく、それでいてアニメじゃないといま一つ表現できない感じといいますか。
まあ実写でもできそうですがw
今までの新海作品だとヒロインがいま一つ魅力がなく、円盤買う!って思う人は少なかったと思います。
今回の三葉ちゃんはいい感じでしたよー。ちゃんとヒロインでしたし、いい女でした。かわいかった。
滝くんもいい意味で新海色が薄く、好感もてましたよ。
なんだか今までの主人公は大体がヘタレでしたからねえ。
新海色をここまで薄めて、ようやくエンターテイメント作品になったといった感じです。
内容のことは触れるとかなりネタバレになっちゃうので、このへんでw


■構成
いやー構成は相変わらずよかった。
今回は場面場面の伏線もちゃんとしてたし、わかりずらい所はちゃんとサポートしてたし。(黄昏の時のアナウンスとか)あの涙はいったい・・・・いや、やめときましょう。ほぼ伏線は回収できると思います。
あとですね、場面構成だけでなく、場面の効果とか暗転表現とか音楽の使い方とかかーなーりプロフェッショナルな力が入ってますね。今まで新海誠監督だけだと、どうしてもエフェクトに頼りすぎな所があって、映画としてちょっと・・・てとこありましたから。それがかなりスッキリした感じ。



■映像
今までの作品と比べると、ずーーーと気合入れっぱなしではなく、重要な所で気合入れてる感じがいいかなと思います。このあたりは京アニっぽいですね。適当に流す所はあっさりと。まあそれでいいんですよ。いままでがPVっぽい作りすぎだったと思います。飛騨の山の表現とか黄昏の表現とか重要だからこそあの映像が生きる!二人が〇〇な大事なシーンだからこそ生きる!彗星が〇〇するシーンもそう。生かしてナンボですよ。
そんな感じになっております。



■全体を通して
最後の20分。
是非わくわくイライラドキドキして見てください。
滝くんが、三葉がどうなるか。
あの出来事はなんだったのか。
是非映画館のあの音響効果で見てほしいなあ。
家ではちょっと体験できないかもですね。




【追記2016.10.01】
今日映画の日を利用して2回目行ってきました。
今度は原作本を読んだあとで、原作本はかなり本人たちの気持ちなどが書かれており、
見ていると、ああここはこんな気持ちだったんやよね。とか。
ここでこう言ってるけど、どうもこうだったようだなとか。
まあ色々とまた楽しめました。
特に、三葉の気持ちが前よりわかる感じでしたので、もう泣けて泣けて。
そういう意味ではやっぱ裏主人公は三葉だったのかなと。
入れ換えの元凶だしww

さて、1回目⇒原作⇒2回目ときて、疑問に思ったことを自分なりに整理したので、
見られた方はご参考に。

注意!!:かなりのネタバレです!!マウスなどで反転してお読みください!!


疑問点1:二葉(お母さん)の死は何を意味するのか。
お父さんがこういいます。「救えなかった・・・」その後宮水家を出て、町長になる訳ですが、宮水家を妄言の血筋と言ってることからも、色々とお母さんは何かを言ってたっぽいですね。
瀧君も入れ代わった三葉の時、代々の宮水の入れ代わりは今日のためにあったんだと言っています。
そこでここから先は私の予想なんですが、お父さんがあの日町長である必要があったと思います。
別人では結局町人の誘導はしてくれなかったと。
そうなると、お父さんと娘を仲違いさせ、町長にするために死んだと考えるのが妥当でしょう。
恐らく、それ程無理じゃなかった病気で、村には対処方法がないから都会の病院に行って病気を治そうと行っていたお父さんを説得し(宮水の巫女はここを離れられないとか)あの町で亡くなったのだと思います。
そう考えるとなんか理解できますね。
だとすると、お父さんの言っていた「安心・安全の村作り」にはきっとそういう内容が将来的にあったのでしょう。救えなかった嫁のような悲劇をだしたくないから町長になったんだと。
実際、劇中にでてた防災システムはかなりフルシステムだったと思います。

疑問点2:お父さんの説得はどうしたか。
三葉in三葉がお父さんの所に行くと、既にばあちゃんと四葉が居て、お父さんは説得済みだったという意見をネットで見たのですが、今日見てきた所、三葉が部屋に入ったとたん、「また来たな~」みたいなことを言ってました。あの時点では信じてなかったと思います。「すきだ」と書かれた手を見てどうしても生きてもう一度彼に合うことを心に決めた三葉は(ここは原作に書いてありました)、とても苦手でいやなんだけど、絶対立ち向かう!!という決意を秘めた顔をしていましたね。あの顔を見て、瀧in三葉やばあちゃんや四葉の言っていたことが本物であると確信したのではないでしょうかね。

あとは一回見ただけだと理解できないことも原作読むとわかります。
たとえば、入れ代わったらどうしてすぐに電話しないんだろう・・・いつ電話してもつながらない
好きだじゃなく名前かけよ・・・・・あれを見て三葉は決心するのであれは必要でした
入れ代わっただけにしちゃ相手の生活できてるよね・・・記憶はからだの中にも宿っていて、友達を見ると(知らなくても)ホットしているのがわかる
三葉の東京行ったのなんで知ってるの・・・・入れ代わった時三葉の記憶が流れてきたという設定



さて、ここまできてさらなる疑問が湧いてきました。
相手のからだに入れ代わったとき、その人の経験を知ることができるというのは原作読むとかなり理解できるのですが、三葉は最後に戻ってきた時、テッシーに彗星が落ちるのを見てきたと言ってました。三葉in瀧で御神体の所で目覚めた時、私、死んだんだって言ってたし、原作でもそうなってる所を見ると、あの時瀧の体に入ってきたのは彗星が落ちて死んだあとの三葉ってことになりますね。瀧くんが口噛み酒で世界線を移動したとすると、実はその時終了していた三葉もその世界線から一緒にまったく別の世界線に二人でやってきたと考えるべきなんでしょうか?まあタイムパラドックスは正解ってハッキリとわかるものはないので、いろんな解釈でいいかと思うんだけどね。
魂と体をつないでいるものも結び、そして、二人をいつもつないでいるものも結び、最後にその二人を同じ時間軸にもってきたのも結びってことでしょうかねー。




どうです?
結構奥が深いでしょw
他にもまだまだあるかもしれません。
セイシュンショックは十代の人にまかせて、オトナは感動しただけでなくストーリーや構成の奥深さを味わってみるのもいいかと思いますよ~



最後に気づいた点を。(ネタばれなしです)
ヒロインの三葉は時々、ハッッッッ って感じで息をのむ時があるんだけど、この上白石さんの発生がとても特長があって、みてて、このハッッッッが出ると緊張感がすごく上がるのね。
で、三葉が入れ代わって瀧くんになってる時にも同様にハッッッッって息をのむシーンがあるんだけど、これがもうまったく同じで、まるで上白石さんが男性になって声を当ててるんじゃないかと思うほど三葉してるのよ。神きゅんのこの演技にすごくビックリしました。
もうそんなんだから、カタワレ時のシーンなんて、あれ?入れ代わったままだっけ?って思うくらい二人の入れ代わったあとの演技がすごくて違和感ないんだよねー。
その他一葉ばあちゃんの声も市原悦子さんって思わなかったし、奥寺先輩の声も長澤まさみさんって全然意識しなかった。そのくらいこの映画の声優陣いい仕事されてるので、2回目行くって方はそんな所もみてみると楽しいかなと。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/26223455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 石狩鍋 at 2016-09-25 23:56 x
|д・)ソォーッ私も観たくなってきたッ!!
でも聲の形も面白そう。。。。。。。
(´・ε・`)ムー
って言てたらサマーウォーズを久しぶりに見たくなりました。。。
はうあー
Commented by dot3pso at 2016-09-26 13:33
>石狩鍋さま〜
今回のんはファンだけでなく親子連れでも楽しめるのでお薦め。
音楽のかかる所が鳥肌モノなので劇場お薦め。
こえのかたちもいいよね〜
あ、黒い砂漠のパッチがかれこれ2週間くらい終わらないです。もうだめかも〜(´Д⊂ヽ
Commented by Palm at 2016-10-01 21:52 x
劇中、
君の名は1回。
聲の形は2回。
泣きました。
そっとですが。
Commented by Palm at 2016-10-01 21:55 x
ああ、連投ごめんなさい。
Win10のセキュリティパッチ当ててからどうも全体的に動作がおかしくて・・・
どちらも娘と見てきましたが、君の名はを見た後は帰りの車でずっと泣きっぱなしでした。中学女子にはかなり来るものがあるようです。
Commented by dot3pso at 2016-10-02 00:21
>ぱーむさま
連投は処置しておきました。
うんうん。
若い人にはあれすごくストレートに来ると思う。
まあ自分は元々新海監督のファンだったので、今回はストレートにいい作品だなあと思いましたけど、こういうのって最近の若い人が見るべき作品では特にないんですよねえ。ざっとまとめると、
・こんな出会いとかなんて泣ける
・二人の掛け合いがすごい羨ましい。けど一緒にいいて楽しい
・あんなに引き合ってるのに会えないなんてなんなの!
・そして最後の15分・・・・・
実際、今日2回目見てきましたが、原作を読んでしっかり復習したあとだと、この時こんなことを考えてるだなあとか、この涙の時の気持ちはとか、この時の入れ代わりの時の気持ちはとかわかっちゃうと、かなり泣けます。1回目より2回目、3回目とどんどんと泣けてくるようになってる気がしますよ。
こえの形は、まあなんというか泣けるようになってる気がします。京アニだけにそのあたりはうまいんだろうなあって思います。(見てない)
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2016-09-25 15:38 | アニメーション | Trackback | Comments(5)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30