【PC】チャタリング対策で、マイクロスイッチ(D2FC-F-7N)を交換してみた -2015.08.31-

4年半使ったRazer mambaがチャタリングを起こし、Steelseries SENSEI wireless Lazer MOUSEを買った訳ですが、このまま捨てるのもなあ~と思い、分解してみることに。

分解してみると、あーこりゃ確かVX Revolutionでも使ってた寿命短いやつやー
ということで、今一度ネット検索してみると、今はAmazonとかで売ってるんですねー。
b0002644_21202988.jpg

ということで、早速Amazonに発注して交換してみました。

More以降は分解の手順などを書いてますが、長年使ったマウスの写真があります。
汚いので、苦手な方は見ないようにしてね。





まず、ロジクールのVX Revolutionですが、以前はコンデンサを付けて対策してましたが、すぐにそのあと効かなくなっちゃって・・・・
分解と対策内容はこちらに。

【PC】VX Revolution チャタリング対策


さて、このD2FC-F-7Nですが、中国オムロンがマウスメーカー専用に下ろしてるマイクロスイッチらしく、詳しい情報が前はなかったのですが、今は出てきますね。機械寿命が500万回だそうです。
んーしかし、電気的寿命はその1/10だとすると、大体私の49万回で壊れた50万回に一致するので納得ですね。しかも、このサイトによると、実は3種類の耐久があるそうです。


OMRON CHINA マイクロスイッチ D2FC-F-7Nシリーズ


なるほど。
しかも、よく読むと耐久対策もしてるけど、選別品が基本のようですね。
つまり、量産のばらつきが結構あって、当たり外れがあるってことでしょうかねー。
ちゃんとしたメーカーだと、そういうのをちゃんと選別するように指示するんでしょうが、ちょっと前のロジクールはそういうのやってなかったんだと思います。
ロジクールのゲーミングマウスは2000万回ってうたい文句なので、この(20M)品ということでしょう。
相変わらずこれ使ってるってことです。
まあ、マウスの9割がこれってんですから、しゃーないかなあ。

ちなみに私の注文したのはD2FC-F-7N(20M)×5個+おまけ付きで、770円+送料かな。
おまけはもう1個D2FC-F-7N(20M)が付いてきましたので、もう1台治せるってことですww
では早速Razer mambaの分解から。



【Razer mambaの分解】
裏にひっくり返して、後ろ側のソールを剥がします。
ソールはカッターを使ってゆっくりと両面テープをソールのプラスチック側に張り付くように剥がすと、また再利用できます。ゆっくりと慎重に行えば100%成功します。
剥がしたソールの所に1つ目のねじがあります。
2つ目のねじは電池ボックスにあります。
3,4つ目は両側のゴムの部分にあります。ソールと同じ要領で剥がしてください。
写真はわからなかったので前のソールも剥がしてますが、剥がす必要はありません。
b0002644_21203724.jpg

上のラバーカバーはツメをゆっくりと外していけばはがれます。汚くてごめんなさい。
b0002644_21204450.jpg

これが元凶ですな。しっかし1万もするマウスなら1000万回は超えてほしいものです。
b0002644_21205028.jpg

全部分解するとこのように。
b0002644_2120565.jpg

ちなみに基板は、この写真の右下と左下にあるマイクロスイッチのねじ×2を外すととれます。
基板を外す時は、フレキシブルケーブルに気をつけてください。
b0002644_2121361.jpg

さて、マイクロスイッチを外す作業ですが、半田ごてとか使ったことない人は無理じゃないかなあ。
道具としては、半田ごてや半田は勿論、このような半田吸い取り器具を使います。
ハッキリ言って、半田吸い取り線だけではうまくいきません。私でさえちょっといやですよ。そんなの。
b0002644_2121861.jpg

外す時は半田を盛って、十分に温めてスッポン!って感じで半田を除去し、それでも付いてる半田を半田吸い取り線で地道に吸い取って、ゆっくりとスルーホールから足を剥がしていきます。力任せにやるとスルーホールやランドを傷つけて使い物にならなくなるのでここは経験と技術が必要です。
b0002644_21211548.jpg

んで、こちらがAmazonで調達した、D2FC-F-7N(20M)×5個+おまけ付き
b0002644_21212356.jpg

新品の部品を付けるときは、外す時とは違い、急いで素早く付ける!です。
時間をかけると間違いなくパーツ壊れます。
でもイモ半田にならないくらいには温めてね。
また、足が結構下に着きだすので、装着したときに、足がぶつからないか見てから基板を固定しましょう。
b0002644_21212813.jpg

さて、ねじの種類が多いので、説明しときます。
左の黒い2個が両脇のゴムの所のねじ、一つしかないねじが基板の右下をとめるねじ、次の細い2本が基板の左下のマイクロスイッチの所のねじ、そして、最後の2個がソール部分と電池ボックスのねじです。
b0002644_21213437.jpg


以上でRazer mambaは完了です。
次にVX Revolutionもやってしまいましょう!

【VX Revolutionの分解】
分解方法の詳細は前の記事を見てね。


【PC】VX Revolution チャタリング対策


同じように分解し、マイクロスイッチを交換しましょう。
b0002644_21214070.jpg

こちらのトップ部品はねじを外すととれます。
フレキシブルケーブルに気をつけてください。
b0002644_21214661.jpg


そして、出来上がった高級レーザーワイヤレスマウス三兄弟。
こんなにマウスが揃っちゃって、どうしよう・・・・
b0002644_21215037.jpg


ちなみに、ロジクールはねじに特殊ねじ(星型のやつです。トルクスとか言われてます)を使っているので、こういうドライバーが1つあると便利ですよー。
ちなみにこれはドスパラとかソフマップで売ってます。
もうなんでも分解可能ですよ!! 500円から1、000円くらい。
b0002644_2122012.jpg

トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/24843726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2015-08-31 21:57 | PC | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30