【アニメーション】冴えない彼女の育て方 9話   -2015.03.15-

これでようやく主な登場人物のターンが終わりましたね。
あ、まだ美智留が出てないかー。
b0002644_23511450.jpg

あと3話かな。
美智留やって、シナリオつめて、軽井沢事件やって・・・・
ぎりぎりですね。






原作読んでいてイマイチよくわからなかった英利々との仲直りなんだけど、今回見た内容と軽井沢の話でようやくわかった気がするわ。まあつまり、そのポジションが欲しかったら実力で奪い取ってみろってことですよね。

最初の頃ナニカあった光るもの。
これがうまくなって安定してくると無くなっていく・・・・
よくあることです。
まあレベルは全くや違いますが、私のイラストもそんな感じなのかも。
最初の頃とかってもう自分なりの考えで描いてますんで、下手とか受けないとかそういうのだけれど、
そりゃ他の人にはない特別な自分が出ているのですよね。
段々と矯正されていくうちに失うもの。
今回の英利々の話がそれかどうかわからないけど、
きっとそういうことなんじゃないかなって思います。

自分は同人活動などはやってませんし、やったこともないのですが、
やはりこうイラストみたいなもの描いてると、他人のイラスト見たときに、
あ、これは自分の方がうまい
とか
これは誰も通る道
とか
もうちょっと練習した方がイイネ
とか
ちょっと、これで自分より人気とか評価高いのはオカシイ
とか
ドス黒い感情が出てくるんですよね。
これはきっと創作活動してる人は皆さんもってるんじゃないかな。
で、
今回の英利々の話をみていると、
そこを超えて、さらにその受けている人の何が受けているのか
自分がそれを表現しようとするなら、何を表現すればいいのか
というのを自分の感性でうけとめて、ドバーっと放出(表現)できないと駄目なのよね。
だが、それをどうやって実現化するか。
英利々の場合はこれからそれが語られるので、皆さんも注目してくださいね。

いやーしかし。
なんか英利々の話はものすごくわかるというか、きっと詩羽せんぱいのシナリオの表現なんかも
赤裸々な本当の話なんだろうなーって思います。
そもそも原作者は有名なシナリオライターなので。
この物語に出てくる人達は案外モデルがいるのかもしれません。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/24243804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2015-03-15 00:30 | アニメーション | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31