【PC】MantleはAMDの救世主となりうるか    -2014.02.05-

Mantle版Battlefield 4を試す。APU+GPU構成時に衝撃的な性能向上を確認 - 4Gamer.net
b0002644_2145263.jpg

4Gamer.netさん所で早速テストしていたので、ご紹介。
とある組み合わせでなんと85%スコアUPという、あらゆる意味で驚愕の結果となったようだ。





まず、Mantleとは何かを自分が調べた範囲でまとめると、

・AMDが策定したゲーム用のAPI群のようなもの(DirectXのようなもの)で、かなりハードウェアを直接
 たたくようなコマンドになっており、オーバーヘッドなどがない分早くなる。
・市場の殆どのゲーム機であるPS4とX-BOX ONEと互換性があり、ほぼそのままゲームを移植できる。
 という開発元にもメリットあり。
・GCNに基本対応しており、今のRadeonシリーズなら動く。また、CPUとGPUが融合した新しいAPU
 であるA10-7850,7750でも恩恵を受けられる。
・APUに限定すればグラフィック処理だけでなく、本来重たい処理をCPU性能だけでやっていたことも
 APUのGPU側に今まで以上にスムースに実行させることができる。これによりCPU自体の性能だけ
 では語れなくなりつつある。

では4Gamer.netさんの結果をまとめると、


【マシン構成】
CPU:APU A10-7850K(定格)、Intel Corei7-4770K(定格)
M/B:ASRock FM2A88X Extreme6+、A-SUS MXIMUS Ⅵ FORMULA(Z87)
Memory:PC3-19200(2133) 8GB×2 、DDR3L-1600(相当)
GPU:Radeon R9 290X
OS:Windows7 Ultimate 64bit

テスト内容はMantleに対応したBF4のフレームレート測定

【結果】
(1)APUのみでエントリー設定 
1280×720:48.5fps→50.8fps
1600×900:35.8fps→36.8fps
これだけを見るとほんの誤差範囲でたいしたこたーない。ハッキリいってこれでAPUを選択する理由にはなり得ない。ちょっと残念。

(2)APU+R9 290X で標準設定
1920×1080:63fps→116.7fps!!!
2560×1600:63.4fps→80.2fps!!!

(3)APU+R9 290X で高負荷設定
1920×1080:63.5fps→81.1fps!!!
2560×1600:47.9fps→50.8fps!!!

ファッ!!

驚異の85%UP!!!


いやまてまて。
だったらこれをIntel Corei7-4770Kにしたらもう宇宙までいっちゃうんじゃ・・・・



てことでIntel Corei7-4770Kの結果
(4)Intel Corei7-4770K+R9 290X で 標準設定
1920×1080:114.4fps→123.5fps
2560×1600:77.6fps→80.7fps

(5)Intel Corei7-4770K+R9 290X で 高負荷設定
1920×1080:77.6fps→81.3fps
2560×1600:49.3fps→50.9fps


ふむーなるほど。
つまりAPUの時はCPUの処理がネックになって設定を変えても60fpsくらいで頭打ちになっていたと。そこでMantleを使うことでそのタガが外れ、グラフィックの限界くらいまで性能を伸ばすことができたって訳か。
さて、ここで疑問が出るのだが、まてよ、と。Mantleはそもそもグラフィックのコマンド群であってCPUではなかったはずだと。
で、やはり4Gmaerさんとこのこの説明で、

”「APUとGPUを組み合わせたときに,APU型のGPUコアをポストエフェクト専用で使う」といった実装が可能だということ”

何やら思うにポストエフェクト処理を内蔵のGPUにやらしてその分dGPUが軽くなって伸びたという説明なんだが・・・・でも自分の知ってる範囲だとポストエフェクトというとアンチエリアスのFXAAしかないんだが、まあ確かにBF3で威力発揮したFXAA(またはその発展型)だけど、うーんあれってONにしてもそんなにスコア落ちなかったはずだし、それがそもそもCPUの処理に影響させている(といわないとそんなに変わらない気がするし)とも思えないんだけどなあ。
要するにまだ何かを隠しもってる気がするんだよなあ。
いずれにしても、AMDはこのAPUに相当自信があったわけだから、何かしらのAMDのCPUが不得手としている処理を内蔵GPUにオフロード(というのは要するに外注に発注みたいなイメージ)してるのは間違いなさそうだし、それがこのMantleに実装されていて、ゲーム機を軸にしてこれが今後のゲームソフトの展開になっていくだろうことは推測できるんですよね。いずれにしてもFXシリーズとの組み合わせではありえないことで、だからAPUを使う(今後は)意味があるんだよということなのでしょう。ただし、ゲーム機のCPUコア数は8コアなので、これから8コアに最適化してくるのも間違いないと思うんだけどね。

つまりまとめると、これからゲーム用PCとして最強の構成は、

マルチコア8コアAPU+最強Radeon+Mantle

ということになりそうですね。
まあそんな製品まだないけどww
ちなみにA10-7850は今大変大変品切れで、アキバでも3月中旬じゃないと入荷しないそうです。
みんなAMDやっぱり好きなんだねwww
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/22000351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2014-02-05 21:40 | PC | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30