【PC】ENERMAX ELC120-TAを買ってきた

水冷を入れ換えてみました。
前に使っていたのはAntec KUHLER-H2O-620 です。
b0002644_2102094.jpg





【PC構成】
①M/B  ASRock 990FX Extreme4
②CPU   FX-8350@4.3GHz(但し省電力機能有り)
③メモリ   AMD AP38G1869U2K (DDR3-1866 CL9 1.5V 4GBx2) 合計8GB
④CPUクーラー 簡易水冷 KUHLER-H2O-620
                ↓
           簡易水冷 ENERMAX ELC120-TA
⑤VGA   Palit GEFORCE GTX670 JET STREAM(NE5X670H1042-1042J)
⑥SSD   ADATA AS510S3-120GM-C SATA3.0品
⑦HDD   WESTENDIGITAL  WD20EZRX 2TB 
        Samsung HD300LJ 300GB
⑧DVD   HL-DT-ST GH24SH50 SATAモデル
⑨BD    HL-DT-ST BH14NS48 SATAモデル
⑩電源    帝力SPTR-750P(750W) サイズ社製
⑪OS    Windows7 Pro SP1 64bit


長くなりそうですが、宜しくお願いします。

(1)インストール
まずはPCを分解。アンテックのはシングルファンなんですが、最低回転数が高く、また、回転制御が自動なので、調整できなくって真冬なら静かなんですが、ちょっと暑くなるととてもうるさいんですよ。
今回はクーラー毎交換なので一度マザーボードを外す必要があります。全部ばらす必要ありますね。
b0002644_2142996.jpg


エナーマックスは最近CPUクーラーを立て続けにリリースしてるんですが、こいつはもう型後れ品のようで、2千円くらい値引きされてます。まあでもエナーマックスというと横型(倒立型)のクーラーがベストセラーになっていて、今、3、500円でとてもお買い得ですよ。こいつはTDP250+ですが、その空冷のはTDP200Wですから、もうそちらで十分ですよ。私は倒立型が筐体のファンと当たってしまうためこの筐体使ってる以上は水冷にすることにしています。

バックパネルは表と裏で”Intel”、”AMD"に分かれてます。このように書いてあるのでわかりやすい。
b0002644_2144977.jpg

ねじの受けをセットしたら、マザボにつけます。
両面テープとかでは固定しないようなので、表からブラケットと固定ねじを使って仮止めです。
b0002644_2243897.jpg

ブラケットねじはバネが付いてるタイプです。このねじ好きじゃないんだよなあ。取り付けしずらいだけで、結局締めたらバネ意味ないしね。
LGA2011用だけ別のねじになっていて、そのほかのIntelとAMDは全部同じねじです。
袋に書いてあるのでわかりやすい。
b0002644_2145433.jpg

さて、ファンですが、取り付ける前にここのスイッチで最大回転数を設定する必要があります。
b0002644_214599.jpg

– サイレントモード: 800 ~ 1,500 rpm
– パフォーマンスモード: 800 ~ 1,800 rpm
– ターボモード: 800 ~ 2,200 rpm

パフォーマンスモードは普通の感じAntecの最大と同じくらい。
ターボモードは信じられないくらいうるさくなるですw 掃除機だな。もしくはGTX5800Ultraだなww
最初ターボモードにしていましたが、結局うるさくてパフォーマンスモードに。
サイレントモードは試していません。

水枕は最初からグリスがついてます。
でもはっきり言って結構ダメダメなやつだったので、とってしまいました。いつもの銀グリスです。
b0002644_215587.jpg


そして、くみ上げ。
ファンは内側をラジエーターに固定して、外側のファンをサンドイッチで固定です。
今回、なんと


一つの穴がタップ切ってなくて、ねじがはまらないわ!これ!

他のねじ使って無理やりタップ切ってなんとかなりました。
Antecも最初のもの初期不良だったし、水冷って色々とダメな箇所が多い(複雑ってことね)ので、こういうのがあって敬遠する人結構多いと思う。なんとかしてよ!もう!

で、水枕ですが、ブラケットを外さないと全くもって無理ですw
筐体を横に寝かして、外さないとバックプレートがスコーン!と大変なことになるのでご注意くださいw
一度外したブラケットを水枕に固定し、ねじで締めます。
このねじちょっと押さないと届かないので、苦労しますよ。
水枕、外そうと思ったら、一度ねじを完全に外さないと無理ですね。
なんでこんな構造なんだろう。
この辺はAntecの方が全然いいですね。
しかも。
水のホースがプラなんですが、(Antecはゴム)これが結構テンションかかって、バネ入りねじと相まってかなりイライラします。
取り付けに関してはAntecの方が断然いいです。

最後にファンのケーブルを水枕から出てるケーブルに刺して、それをマザーボードのCPUファンコネクタに挿して完了です。側線は綺麗にしましょう!


スイッチおん!
b0002644_2151046.jpg


ちょwwwすげー光ってるwww
b0002644_2151635.jpg







(2)ベンチマーク編
さて、まずはAntec KUHLER-H2O-620から。
OCCTを使って温度計測・・・・・しようとしたのですが、どうも10分くらいで停止して完走(30分)しません。
b0002644_2152411.jpg

b0002644_2152844.jpg

外気:26.7度
コントロール温度max=69.4度
CPU雰囲気max=91度
かーなーりヤヴァイです。初期設定ではCPU雰囲気は85度で止まるので、100度に設定してます。
にしてもなあ・・・・・
結局このクーラーでFX-8350は無理ってことでしょうかね。
まあちょこっとOCしてますが。

で、ENERMAX ELC120-TA。ファンの設定はパフォーマンスモード(真ん中1800回転max)
b0002644_2153536.jpg

外気:26.1度
コントロール温度max=69.3度
CPU雰囲気max=90.5度
ですが、30分は完走しました。
どうもグラフ見てるとわかると思いますが、自動制御入ってますね。
これがサーマルスロットルってやつじゃないかと(サーマルスロットルはイネーブル)
明らかに70度手前で失速してますよ。
(グラフの緑色の線)
というわけで、このクーラーでも最高設定にしないとちゃんと冷却してるとは言えなくなりましたw
まだ外気があと10度くらい上がると思うと・・・・・・・
ほんと8コアフル回転はきっついな。


CPUファンコントロールはマザーボードで設定しています。
ターゲットレベルはレベル1(最低回転数)、ターゲット温度は55度にしています。
ここもうちょっと上げとかないとうるさいかもだなあ。
ちなみに、ASRoCK先生の場合、ターゲット温度まではターゲットレベルを保っていて、それを超えそうになるちょっと前くらいから最高回転数まで徐々に(というか結構すぐ)上がっていきます。
ま、でも設定でコントロールできるのはやっぱいいなあ。


とまあ結局、TDP250W+の能力は音とてもうるさくなるし、それでもこのCPUを真夏に冷やしきれるかわからない感じになりました。まあ筐体から外へ吹き出ししてるので、どうしても筐体温度の影響受けちゃうんだよね。グラフが徐々に上がっているのはそのせい。でもサーマルスロットルで制御しちゃってるし、なんか、もう意味ないような気がしますわ。自作終わっちゃうのはこういうのだよねー。

で最後にゲームを動かして計ってみた。
FF14オルゼアベンチを30分動かしたグラフがこれ。
b0002644_2154180.jpg

青がCPU雰囲気、緑がコントロール温度、黄色がGPU温度です。
オルゼアは4コアを上手に使っていたので、結構最近のゲームならこんな感じかな。
まあBF3とかおもーいFPSなんかはGPU温度がもう少し上がるので、そうなるともう少し厳しいかな。
でも見てほしいのはCPUコントロール温度の上限が50度いってないってことですわ。
もう全然余裕じゃないですかwww
つまり8コアバリバリつかうエンコードとかするならちょっと問題かもだけど、ゲームで8コア使うものはないので、まあ問題ないってことですね。
エンコードマニアの方は気をつけてくださいね。
ゲーマーならそんな気にする必要なさそうですよ。

にしてもFXってほんと暴れん坊だなあ。
スチームローラーに期待だな。

【追記】
大事なこと書くの忘れてた。
最低回転数800rpmは十分静かですよ。
でもって、今日DEAD SPACE 3(60fps設定)プレイしましたが、全く回転上がらなかったです。
静かすぎて逆に不安になったですよっww
きっと今の使い方ならほぼ最低回転数でなんでもいけちゃうな。
まあ真夏にならないとアレだけど。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/20628224
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2013-06-23 02:55 | PC | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30