【PC】3万円以上のグラボをカモれるHD4770クロスファイヤー

4Gamer.net ― 「ATI Radeon HD 4770」CrossFireX動作検証。2-wayでスコアはどこまで伸びるか(ATI Radeon HD 4700)
b0002644_21523357.jpg


単体でHD4850に迫る性能のグラフィックボードHD4770をクロスファイヤーにした記事があったのでご紹介。HD4770は単品で1万3千円前後。2枚購入しても2万6千円程度だし、一枚80Wの消費電力は2枚でも160W。今回取り上げているGTX275は219W、HD4890は190Wであり、最高負荷時は最も消費電力が低いといえる。




今回の結果を見てみると、ゲームタイトルで大きく違うということがわかる。
安定して高性能を叩き出したいならシングルカードの方がよさそうだ。
だが、これからドライバーの最適化も進んでいくことを考えると、この構成も面白いと思った。

3DMark06で2万以上を叩き出しているのはすごい。
まあ2枚構成なんだから当たり前といえば当たり前だけどw
それが2万後半円代で手に入り、電源も工夫しなくてもいけそうというのは驚異だね。
消費電力160WというとHD4870と同じだから、あれが動作すればいけるってことか。
nVIDIAのグラフィックは、瞬間的な消費電力が高いようなので(証拠はないけど)、
やはり普通の電源(500W級)でここまでこれるのはいいなあ。

ただし、問題もあるですよ。
アイドリング時の消費電力が高いこと。
何もしてなくて186Wはいかがなものかww
しかもですよ。
熱源が近くに2枚来てしまうおかげで、排熱の問題があって、1枚の時よりファンの音がww
ケースでの巧みな排熱の仕組みも必要ではないかとおもいます。

クロスファイヤーで使用するつもりで、とりあえずHD4770を買うなら、スロット2枚分の外へ排熱するカードがいいかと思います。
トラックバックURL : http://dot3.exblog.jp/tb/11002859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード
by dot3pso | 2009-05-18 22:09 | PC | Trackback | Comments(0)

システムとハード設計が本職ですゲームと車はもう血肉。


by ドット
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30